足の裏の痛みの治療例

0

    広島市内で自営業をされている舟木さん(仮名)は、
    2・3年前から、足の裏の痛みに悩んでおられました。
    足の裏の皮膚が魚の目やタコ・イボなどと同じ感じで硬くなり、
    歩く時にとても痛みが走るのだそうです。
    趣味の山登りも行けなくなったと寂しそうでした。

    舟木さんは、これまで、ご自身で
    里芋パスター(里芋をつかった湿布)を作られ、
    治療をされていたそうです。
    これは、昔から、いも薬として使われていた『炎症・腫れ物・毒出し』などに
    効果のある手当て法(民間療法)で、
    体内の毒素・老廃物などを皮膚を通じて外へ吸い出します。

    ただ、
    『ベタネタする。』
    『貼ったまま風呂に入れない』
    『特に足の裏なので、貼ったままアクティブに動けない』
    『靴下がはけない』

    などの難点があり、困っておられました。

    安藤式薬草湿布も老廃物を吸い出すというところは同じです。
    改良に改良を重ねた当院の安藤式薬草湿布は、
    さらに、下記の特徴があります。

    <1>貼ったまま入浴もでき、効果が持続します。
    <2>水を通さず、空気だけを通すので、蒸れたりもしません。
    <3>あまり厚みのないテープ状なので、普段の生活に支障がありません。
    (上から靴下も履けます)

    当院での治療が始まりました。
    安藤式薬草湿布を足の裏に貼り、たまった老廃物・毒素を吸い出していきました。

    まだ治療を始めて少しの期間ですが、歩くときの痛みが
    ずいぶん和らいできたそうです。
    山登りへの復帰ももうすぐです。

    ///////////////////////////////////////////////////////

    色々な治療や療法を試されて、経過が芳しくない方、
    当院独自の『痛み・炎症の元を吸い出す治療』を、
    ぜひ、一度試してみてみませんか?

    どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

    ///////////////////////////////////////////////////////

    横川総合療術院
    院長 安藤 一幸

    広島市西区横川町3丁目12-7 (横川駅スグです)
    Tel/ 082-231-1003

    受付時間
    平日・土曜 午後1:00 〜 午後8:00 
    日曜 午後1:00 〜 午後5:00   
    休日/火曜


    | 1/1PAGES |