肩こりの治療例

0

    約15年前から親子で通院されている富田さん(仮名)は、ひどい肩こりに
    悩んでおられました。

    当時30歳で独身だったの富田さんは、大企業の経理部にお勤めで
    大きなパソコンが何台もある部屋で一日中仕事をされてたそうです。
    後輩の教育係もまかされ、とても忙しくされているようでした。

    社内では、その部屋のことを、通称「死の部屋」と言われてたそうで、
    その部屋に入ると、「疲れる」「気分がわるくなる」などの
    諸症状が現れていたのだそうです。

    まだまだ、電磁波という名前も一般的ではなかった時代です。
    今でこそ、色々な対策がとられるようにはなってきましたが、
    電磁波の体への影響は計り知れません。

    長時間のパソコン仕事は、目の疲れや姿勢の乱れも招き、
    慢性的な肩こりになりやすくなります。

    当時、お母様の治療を進めていましたが、
    「娘も肩こりで困っている」と初めてご一緒に来られた時に拝見したら、
    娘さんの方が、重症でした。
    「いつも亀の甲羅を背負っているみたい」
    「鎧を着ているような時もある」とおっしゃっていました。

    肩がガチガチの状態でした。

    治療が始まりました。
    首から肩、背骨沿いに安藤式薬草湿布を貼り、
    たまっていた老廃物を吸い出しました。
    そして、首の位置、背骨の位置を矯正していきました。

    症状が重かったので、週に一度の治療でした。
    治療後、「肩が軽くなった〜」と喜んで帰られるのですが、
    次の日からまたパソコンルームでの激務。
    またガチガチに戻りつつあるところへ
    次の治療・・・の状態が何ヶ月か続きました。
    私も毎回、必死に治療しました。肩こりとの戦いです!

    しばらくして、症状が落ち着いて肩が軽くなってこられた頃、
    富田さんはその会社を寿退社されました。
    そして、現在はパートとして働かれているようです。

    環境も変わり、勤務時間も短くなったこともあり、
    目や肩への負担も少なくなった富田さんは、
    今では、日頃の疲れを取りに、月一回のペースで通われています。

    肩の具合もずいぶん良いそうです。

    たまに、新商品の開発の話なども教えてくださり、
    色々と勉強になります。

    ///////////////////////////////////////////////////////

    現代人は治療難民だと思います。
    良い治療を、多くの方が探し求めておられます。
    『効く』と聞けば、海外にも行かれています。

    私は、良い治療とは
    『体を産まれた時の状態に近づけること』だと考えています。

    色々な治療や療法を試されて、経過が芳しくない方、
    当院独自の『痛み・炎症の元を吸い出す治療』を、
    ぜひ、一度試してみてみませんか?

    どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

    ///////////////////////////////////////////////////////

    横川総合療術院
    院長 安藤 一幸

    広島市西区横川町3丁目12-7 (横川駅スグです)
    Tel/ 082-231-1003

    受付時間
    平日・土曜 午後1:00 〜 午後8:00 
    日曜 午後1:00 〜 午後5:00   
    休日/火曜


    | 1/1PAGES |