アトピーの治療例

0

    最近、とても増えてきているのが、アトピーの患者さんです。
    その中でも、山口県から新幹線で通われていた武田兄弟(仮名)は、
    特に症状の重い患者さんたちでした。

    当時、中学生だった兄のS君は、幼稚園のころ突然発症し、
    それから様々な治療や薬を試されたそうですが、
    残念ながら、どれも結果は芳しくない様子でした。
    初めて来られた時は、体中が包帯だらけでした。
    顔色は赤白く、表情も少し暗めでした。

    当時、小学5年生だった弟のT君は、2年前に発症したとのことで、
    お兄ちゃんほど症状は進んではいなかったのですが、
    ひざやひじの裏や首など、赤く腫れている状態でした。

    一緒に来られたお母さまは、最初に発症した兄のS君には、特に
    様々な治療や薬を試してきたとおっしゃっていました。
    たしかに、薬の副作用とみられる皮膚の変色・傷みが見られ、
    お母様もご本人もずいぶん気にしておられました。

    早速、治療が始まりました。
    まずは、安藤式薬草湿布を患部に貼り、
    アトピーの元となる体にたまってしまった老廃物や毒素を
    体の外へ吸い出していきました。

    武田さんのお宅は、山口市の中心部のとても交通量の多い道路に面して
    建っているとのことでした。
    たしかに、肺に排気ガスがたまっている様子で
    弱っていましたので、ここにも安藤式薬草湿布を貼り、
    たまってしまった老廃物や毒素を
    体の外へ吸い出していきました。

    そして、背骨の位置の矯正と食生活の改善指導をすすめていきました。
    特に兄のS君の方は、甘いものが大好きで
    野菜をあまり食べないという、典型的な偏食タイプでした。

    3ヶ月くらいして、弟のT君が症状が落ち着いてきました。
    半年くらいで兄のS君の症状も良くなっていきました。
    赤白かった皮膚の色も落ちつき、表情も明るくなっていきました。

    症状が治っていかれることも嬉しいですが、治っていくにつれ、
    患者さんの表情が明るくなっていかれるのが、いつもとても嬉しく思います。

    その後、症状の落ち着いてきた兄のS君は、性格も明るくなり、
    以前から興味があったバンド活動を始めたそうです。
    弟さんは、サッカーの練習で毎日走り回っているそうです。


    ///////////////////////////////////////////////////////

    実は、私自身も20代の時、突然アトピーを発症した経験があります。
    どんな病気もそうですが、アトピーも、ご本人はもちろん、
    ご家族のサポートも大変のことと思います。

    色々な治療や療法を試されて、経過が芳しくない方、
    当院独自の『痛みや炎症の元を吸い出す治療』を、
    ぜひ、一度試してみてみませんか?

    どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

    ///////////////////////////////////////////////////////

    横川総合療術院
    院長 安藤 一幸

    広島市西区横川町3丁目12-7 (横川駅スグです)
    Tel/ 082-231-1003

    受付時間
    平日・土曜 午後1:00 〜 午後8:00 
    日曜 午後1:00 〜 午後5:00   
    休日/火曜


    | 1/1PAGES |