リウマチの痛みを軽くしたい。

0

     

    リウマチの治療に通っておられる50代の川上さん(仮名)は、

    30代のころから、痛みと闘っておられたそうです。

    痛みが手に出始めた頃は、建築関係のお仕事をされていたこともあり、
    『疲れによる痛みかな?』『腱鞘炎かな?』とあまり気に留められることなく、お仕事を続けられていたそうです。
    しかし、しばらくすると、ヒザの方にも同じような痛みが出るようになり、現場でのお仕事ができなくなってしまわれたそうです。

     

    それからは、たくさんの病院や治療院、マッサージなどに通われておられたそうです。

    良い治療があると聞かれると、東京の方にも行かれてたそうです。
    しかし、治療後すぐは比較的楽になるものの、直ぐに同じ痛みがやってきてしまい、なかなか改善していかなかったとお話してくださいました。
    当院に通われてる方のご紹介で訪ねて来られました。

     

     

    川上さんには、とても活動的な方でした。

    今でも、痛みさえなければ、現場で働きたいとおっしゃってました。

     

    手の関節やヒザの痛みをやわらげるために、まず、安藤式薬草湿布をヒザに貼り、たまった老廃物や毒素を体の外へ吸い出していきました。

    そして安藤式整体術で、背骨の位置を整え、手の指やヒザの矯正をしていきました。

     

    それと、やはり、痛みが楽な時は無理のない程度に動くようにとおすすめしました。

    適度に動くことにより、手、ヒザ、そして体全体の血行が良くなり、

    活性化されるからです。

     

    川上さんは、だんだん痛みがやわらぎ、楽になってこられたので、少しずつ現場監督としても復帰をされておられるそうです。

     

     

    ///////////////////////////////////////////////////////

     

    色々な治療や療法を試されて、経過が芳しくない方、

    当院独自の『痛み・炎症の元を吸い出す治療』を、

    ぜひ、一度試してみてみませんか?

     

    どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

     

    ///////////////////////////////////////////////////////

     

    横川総合療術院

    院長 安藤 一幸

     

    広島市西区横川町3丁目12-7 (横川駅スグです)

    Tel/ 082-231-1003

     

    受付時間

    平日・土曜 午後1:00 〜 午後8:00 

    日曜 午後1:00 〜 午後5:00   

    休日/火曜

     


    リウマチの治療例

    0

      大竹市から通院されている川橋さん(仮名)は、
      20歳のころからリウマチを患っておられました。
      初めて来られたのが、30歳の頃でしたから、
      もう20年以上のおつきあいになります。

      初めて来られた時には、既に手足の変形が進んでおり、
      関節のあたりは太く腫れておられました。
      手足の痛みがひどく、夜も骨がうずいて痛いので、大変困っておられました。

      当院に来られる前には、地元の病院や、専門病院、遠方の有名病院など
      病院を何軒も回っておられたようで、
      鍼灸院・整体・治療院なども合わせると、30軒以上にもなるとのことでした。
      高い健康食品も『関節に効く』とあれば、色々試しておられるようでした。

      しかし、症状は改善するどころか、病院で処方される痛み止めの薬(ステロイドなど)の
      影響で、胃などの内臓まで痛めておられました。
      薬はのみ続けると、量はどんどん増えていき、やがて
      健康な臓器などを痛めていくおそれがあります。

      川橋さんの治療が始まりました。

      体内に残るステロイドや老廃物・毒素などを
      当院独自の安藤式薬草湿布を貼ることで、体の外へ吸い出していきました。
      彼女は、肝臓に多く老廃物などがたまっているようでした。
      背骨もすいぶん曲がっておられましたので、正しい位置に矯正し、
      バランスを整えていきました。

      初めは週2回通われていたのですが、徐々に通院の回数が減り、
      月に2回になられた頃には、腫れもひき、手足の変形も止まりました。
      (変形した関節は元には戻りませんが、進行を止めることは出来ます)

      今では、日々の疲れを取りに、ゆっくりとしたペースで
      通院されています。

      デパートの洋服売り場で長年働いている川橋さんは、
      最近、フロアの責任者になられたそうで、
      「プレッシャーもあるけど、やりがいもある!」と
      今も現役で、生き生きと働いておられます。

      ///////////////////////////////////////////////////////

      現代人は治療難民だと思います。
      良い治療を、多くの方が探し求めておられます。
      『効く』と聞けば、海外にも行かれています。

      私は、良い治療とは『体を産まれた時の状態に近づけること』だと
      考えています。

      色々な治療や療法を試されて、経過が芳しくない方、
      当院独自の『痛み・炎症の元を吸い出す治療』を、
      ぜひ、一度試してみてみませんか?

      どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

      ///////////////////////////////////////////////////////

      横川総合療術院
      院長 安藤 一幸

      広島市西区横川町3丁目12-7 (横川駅スグです)
      Tel/ 082-231-1003

      受付時間
      平日・土曜 午後1:00 〜 午後8:00 
      日曜 午後1:00 〜 午後5:00   
      休日/火曜


      | 1/1PAGES |