頭痛の治療例

0

    広島市西区の団地にお住まいの山崎さん(仮名)は、75歳の頃に、
    お友達のご紹介で初めて来られました。
    その時にお聞きした言葉がとても印象的でした。

    「死ぬ前に、1週間で良いから、頭痛が無くなって欲しい。」

    山崎さんは、出産後の20代の頃から、
    原因不明の頭痛に悩まされていたのだそうです。
    驚くことに、半世紀以上です。

    病院や治療院など、いくつも回られて、
    薬も色々試して来られたそうですが、
    残念ながら、原因も分からず、その強烈な痛みをとることは
    出来なかったのだそうです。

    娘さん夫婦とお孫さんとの5人暮らしをしておられる山崎さんは、
    「頭が痛い痛いと言っても、なかなか家族はわかってくれない・・・」と
    嘆いておられました。
    「迷惑がかかるし・・・」と、何となく、お婿さんに気を使いながらの生活を
    されているようでした。

    治療が始まりました。
    まずは、安藤式薬草湿布を貼り、頭や首筋にたまった老廃物や毒素を
    体の外へ吸い出していきました。
    また、背骨が気管支を圧迫していて、咳をよくされていましたので、
    背骨の位置を矯正しながら、安藤式薬草湿布を気管支沿いに張り、
    老廃物を吸い出しました。

    さらに、山崎さんは、首の骨が左にずいぶんずれていました。
    それが、肩こりを引き起こし、頭痛の元にもなっていたようでしたので、
    正しい位置に直していきました。

    しばらくすると、頭痛は消え、頭が軽くなったと
    とても喜んで頂けました。

    今も、予防のために定期的に通院されている山崎さんは、大のお話好き。
    特に政治の話は、知識も豊富で話はつきません。
    私も色々勉強させて頂いています。

    今でも新聞を3種類は、読まれるそうで、
    「頭痛が無くなってから、新聞を読むのも、趣味の散歩も楽しくなった。」と
    90歳近くなられた今も元気いっぱいです。

    最近では、お孫さんとの関係も良好のようで、
    先日は、一緒に温泉旅行に行かれた時のお写真を見せてくださいました。

    ///////////////////////////////////////////////////////

    原因不明の頭痛に悩まれておられる方も多いと思います。

    現代人は治療難民なのだと思います。
    良い治療を、多くの方が探し求めておられます。
    『効く』と聞けば、海外にも行かれています。

    私は、良い治療とは『体を産まれた時の状態に近づけること』だと
    考えています。

    色々な治療や療法を試されて、経過が芳しくない方、
    当院独自の『痛みの元を吸い出す治療』を、
    ぜひ、一度試してみてみませんか?

    どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

    ///////////////////////////////////////////////////////

    横川総合療術院
    院長 安藤 一幸

    広島市西区横川町3丁目12-7 (横川駅スグです)
    Tel/ 082-231-1003

    受付時間
    平日・土曜 午後1:00 〜 午後8:00 
    日曜 午後1:00 〜 午後5:00   
    休日/火曜


    | 1/1PAGES |