足のシビレの治療例

0

    旅行がお好きな大村さん(仮名)は、
    40代の頃から右足のしびれ、50代後半からは、左足のしびれも加わり
    困っておられました。
    安芸区の坂道が多いところにお住まいだそうで、
    買い物も大変なのだそうです。

    また、若い時から無理をして足を使ってこられたそうで、
    年をとるにつれ、だんだんひどくなっていかれたようです。

    初めてお会いした時は、つえがないと、とても歩けない状態でした。
    当時73歳でした。

    「たった一つの楽しみである旅行に誘われても、
    一緒に行った人に迷惑がかかるので、
    今は、断っています。」と、さみしそうに話されていました。

    そして、「時々、この足の痛みをかかえてこのまま生きていても
    仕方ないなあと思いつめる事もあります。」と辛い胸の内を
    明かしてくださいました。

    足の痛みというものは、目に見えないだけに、
    他の人にはわかりにくい切実な悩みだと思います。
    時には、ご主人やご家族にでさえ、分かってもらえないこともあります。
    でも、何とかその足の痛みを楽にするようがんばっていきましょう!と
    励ましながら、当院での治療がはじまりました。

    まず、安藤式薬草湿布を足に貼り、
    足のしびれの原因となる、たまった老廃物や毒素を
    体の外へ吸い出していきました。

    そして安藤式整体術で、足の長さの調節、骨盤、背骨の矯正をして足の痛みを
    楽にしていきました。

    しばらくすると、つえ無しで、日常生活は問題なく行えるようになられました。
    旅行などの長時間の移動ができるのも、もう少しです。

    ///////////////////////////////////////////////////////

    色々な治療や療法を試されて、経過が芳しくない方、
    当院独自の『痛み・炎症の元を吸い出す治療』を、
    ぜひ、一度試してみてみませんか?

    どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

    ///////////////////////////////////////////////////////

    横川総合療術院
    院長 安藤 一幸

    広島市西区横川町3丁目12-7 (横川駅スグです)
    Tel/ 082-231-1003

    受付時間
    平日・土曜 午後1:00 〜 午後8:00 
    日曜 午後1:00 〜 午後5:00   
    休日/火曜


    | 1/1PAGES |